格闘家は一人遊びが苦手

「インストラクター」に関して本や論文を書くとしたら、どのようなことを調べる?「カレ」の一般的な解説なんかかな。それとも、一個人の視点からくる見解かな。
トップページ >
ページの先頭へ

気持ち良さそうに泳ぐ父さんと気の抜けたコーラ

よく一緒にいるちかこは賢いやつ。
頭が良いんだろうなーと思わされる。
あまり他者を裁いたりはしない。
何コイツ!?と思っても、とりあえず相手の気持ちを重視する。
なので、視野が広がるし、我慢強くなるのだ。
考えを主張し通すよりも、この方がちかこにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、その経験を次回の糧にするやり方をとても理解している。

目を閉じて叫ぶ兄弟と夕立
体のほとんどは水分だという発表もあるので、水分は人の重要点です。
水分補給を充分に行い、一人一人が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく強い日差しの中より蝉の声が耳に入るとこの時期、普段はあまり出かけないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のケアは秋に表れるという位なので、やはり気にしてしまう部分ですね。
やはり、すべての方が気にかけているのが水分補給に関してです。
まして、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、暑い時期は少し例外かもしれません。
どうしてかというと、多く汗を出して、知らず知らずのうちに水分が出ていくからです。
外に出るときの本人のコンディションも関係するかもしれません。
ひょっとすると、自分で気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏の盛りの水分摂取は、次の瞬間の具合に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
ちょっと出かける時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があればとっても経済的です。
体のほとんどは水分だという発表もあるので、水分は人の重要点です。
水分補給を充分に行い、一人一人が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。

目を閉じて大声を出す子供と夕立

知佳子とニューヨークのAbercrombieに向かった。
2人ともAbercrombieのカジュアルなコーディネイトが大好き。
それに、お店の中の高級感と、充満している匂いが。
3時間程うろついて、Abercrombie & Fitchを出た。
すると、私は歩道をふさいでいたので、失礼しました!と言い振り返る。
見たら、店にいた男の人。
笑って、いえいえ、など言われた。
驚いたのは、彼のショップ袋。
アバクロンビー&フィッチでいったいどれくらい買ったの?と質問したくなった。
そして、スターバックスでチカコとその男の人の職業当てで盛り上がった。
アンサーは永遠のなぞだ。

気分良く跳ねる姉妹と枯れた森
久しぶりの外での仕事の当日、初めて仕事で一緒に過ごしたAさんは、体格のいい上司だ。
初めて挨拶した際以降近寄りがたく、仕事以外での会話は少ししかしたことがなかった。
先日、何気なくAさんの腕まくりしたうでを拝見して驚いた!
大きめのパワーストーンブレスが何連もつけられていたから。
咄嗟に、パワーストーン大好きなんですね!と話しかけてしまった。くらい。
そしたらAさんは得意げで、なおかつ子供っぽい表情で、種類別の天然石の名前を話してくれた。

雹が降った仏滅の日没に想い出に浸る

あんまり、ドラマは視聴しないほうだけれど、最近、それでも、生きていくを毎週見ている。
犯人側の家族と被害者の両親と兄達が会うことになってといった話の流れで、通常はあるはずがない内容だ。
殺された小さな子の親兄弟と加害者の家族のどちら側も不幸な様子がえがかれている。
内容の雰囲気はとても暗いと思うが、しかし、映像の色づかいはきれいな雰囲気につくられている。
花や緑や自然の映像がすごく多用されていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像が大変多い。
来週から、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

どしゃ降りの大安の晩に料理を
宿泊に行きたくてどうしようもなかった地域、それは静岡の真鶴。
この場所を知ったのは「真鶴」という題の川上弘美の本。
残念ながら、自分の幼い感覚では、まだまだ深い理解はできていないと思う。
代わりに、登場する真鶴岬の様子が大好きで、まだ見ぬ地に行きたいと思っていた。
静岡県の、神奈川県との境目にある真鶴。
半島の先が真鶴岬。
岬の少し先、海面から見えているのは三ツ岩という大きな岩が3つ。
真ん中の岩の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いて向かえる。
願いが叶い、現実の光景を観光することができた。
私のデジタル一眼の中には、ここの風景写真がいっぱい。
宿のおじさんにここに住みたいと話すと喜んでくれた。

控え目にお喋りするあの人と紅葉の山

読書をするのは大好きだけど、全ての本が好きなわけではない。
江國香織の小説にとても惹かれる
もう何年も同じ小説を読み進めている位だ。
登場人物の梨果は、8年を共にした恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、その引き金の華子と一緒に暮らすようになるという奇抜なストーリーだ。
ラストは衝撃で、大胆な形だととれるが、それを知ったうえで振り返ると「確かに、そうなるかもしれないな」というのを匂わせている。
とにかく江國香織は言葉の選び方や登場させる音楽、物などセンス抜群。
たとえば、ミリンダが出ればミリンダが飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といったミュージシャンが出てくるとつられてCDをかけてしまう。
表現の仕方が上手なんだと思う。
他にも、ピンクグレープフルーツそっくりの月、というワードがどこで生み出されるのだろう。
そんな文章に虜にされて、夜に何回も同じ江國香織の小説を読んでしまう。
好きな本との夜更けの時間が夜更かしの原因なんだと思う。

泣きながら吠えるあなたと電子レンジ
ネットでニュースをよく見るけれど、紙の媒体を見るのも前は好きだった。
現在は、0円で見れるネットニュースが多くあるので、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間でたくさんの情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで見やすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカの債務不履行になるかもというニュースが目につく。
なるわけないと思うけれど、仮になったら、他の国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

ひんやりした大安の深夜にこっそりと

よく聞くミュージシャンはいっぱい居るけれど、20代になってから洋楽を中心に聞いていた。
しかし、日本国内のミュージシャンの中から、好みなのがcharaだ。
チャラはたくさんの曲を世に送り出している。
人気がある曲なのは、FAMILY、世界、VIOLET BLUEなんか。
日本にはたくさんの音楽家が知られているが彼女はこの方は負けない個性がピカピカと見られる。
この国には、世界で活躍するアーティストも多くいるが、この方も人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」あたしを無人島に持って行って
こう言ったフレーズが考え出されることに尊敬を覚える。
だいたい曲作りもしていて個人的には、クリエイティブでカリスマっぽい才能があると思う。
ジュディーアンドマリーのユキとコラボし、作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、大好き。
かっこよかったから。
誰もが一度、思う、思われたい感じの事柄を、上手に短文で表しているから。
キャッチフレーズのコンテストなどに参加してほしい。

天気の良い週末の昼に足を伸ばして
見とれるくらい美人さんに出くわしたことがありますか?
実は一回だけ見かけました。
バス内で若い女性。
女性の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という本人の努力もあると思います。
しかし、本人から出てくるオーラはたぶん存在しますよね。
なかなか魅力的な方が多くいらっしゃるんだなーと感じました。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 格闘家は一人遊びが苦手 All rights reserved.